女性の薄毛の種類

教えて女性の薄毛

女性の薄毛の種類

男性の薄毛は額の部分から薄くなっていくのが一般的ですが、女性の薄毛にはいくつかの種類があります。

一つが分娩型脱毛症です。
出産を経験した女性の多くが、産後の抜け毛に悩まされます。
産後半年ほど経過してくると、大量の抜け毛に驚く女性が多いのですが、これはほとんどの女性が経験すること。
妊娠中はホルモンバランスが変わるため、本来抜け落ちるはずの髪の毛が抜けずに髪の毛としてとどまるのです。
ところが産後はホルモンバランスが戻り、本来抜け落ちるはずだった髪の毛が一気に抜け落ちるようになるため、一時的に抜け毛が増えたように感じるのです。
産後の脱毛は一時的なものですから、時間がたつと段々と髪の毛の量も元通りになっていくでしょう。
もしもどうしても心配な時は、妊娠中から育毛剤を使用しておくと抜け毛の悩みを軽減できます。

女性の薄毛で最も多いタイプが瀰漫性脱毛症。
男性の薄毛は特定の部位だけが薄くなる傾向が強いのですが、この瀰漫性脱毛症の場合は特定部位だけでなく髪の毛全体が薄くなってしまう脱毛症になります。
主に30代後半以降の女性に多くみられる脱毛症状になります。
瀰漫性脱毛症の原因としては、ホルモンバランスの乱れやストレス、ダイエットなどが原因の栄養不足が考えられます。
特定の部位が薄くなるタイプの薄毛と違って、髪の毛全体の量が薄くなってきたことに気が付きにくいのです。

脂漏性脱毛症という種類の薄毛もあります。
これは皮脂の過剰分泌が原因で起こります。
頭皮を適度に潤わせるために皮脂が分泌されているのですが、その皮脂の分泌が過剰になってしまうと頭皮が炎症を起こしてしまう可能性があるため注意が必要。
さらに過剰に分泌された皮脂が頭皮の毛穴を詰まらせてしまって、それが毛穴にある毛根の働きを弱めてしまって、健康な髪の毛が生えにくくなるのです。
脂漏性脱毛症ですが、症状が悪化すると脂漏性湿疹を起こすこともありますので、医師に見てもらうなどの早めの対策が必要です。

教えて女性の薄毛新着情報