女性の薄毛と遺伝

教えて女性の薄毛

女性の薄毛と遺伝

よく両親のどちらかが薄毛の場合、その遺伝子を惹きついでいる子供も薄毛になりやすいと言われています。
近頃は薄毛で悩む女性も増えているのですが、その原因として遺伝も関係しているのでしょうか。

私たちは両親からさまざまな遺伝的要素を引き継いで生まれてきます。
髪の毛の量や髪質についても両親の遺伝的要素を強く受けているのです。
実は髪の毛の遺伝的要素もかなり早いうちから決まるのです。
卵子と精子が出会って受精が成立してから約2~3か月ほど経過すると、髪の毛を作る元になる毛包と呼ばれる器官が出来上がります。
この時に髪の毛の色や髪質、髪の寿命といった髪の毛に関する遺伝子がすべて引き継がれるのです。

しかしながら女性の場合、男性ほど遺伝的要素を強く受けるとは限らないようです。
薄毛になる遺伝子を両親から男女共に平等に受け継ぐのですが、男性ではその遺伝的要素を強く受ける確率が高いのに対して、女性の場合は男性ほどその割合が高くないことがわかっているのです。
また男性の場合は自分の両親だけでなく祖父母など血縁関係で誰か薄毛の遺伝子を持っている方がいれば、その遺伝的要素を受ける確率が高いのです。
だからといって女性も全くその影響を受けないのではなく、多少なりとも遺伝的要素を受け継いで薄毛が発生することもあります。

しかしながら女性の場合男性ほど遺伝的要素を強くうけているかどうか、そのメカニズムや原因がはっきりと解明されていないのが現状です。
男性用の育毛剤や薄毛治療法が女性に効果がないのは、女性の薄毛の原因が特定しづらいことも原因です。
女性の場合は遺伝的要素よりも他の原因で薄毛が進行しているケースが多いため、遺伝的要素だけが原因で薄毛が進行しているとは判断できないのです。
女性の薄毛は主に誤ったヘアケアや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどが原因で起こりやすくなりますので、それらを改善することで薄毛の進行が緩やかになる、改善される可能性が高いのです。

教えて女性の薄毛新着情報