ストレスも原因の一つ

教えて女性の薄毛

ストレスも原因の一つ

現代はストレス社会であり、誰もがストレスを抱ええて生活をしています。
最近女性も薄毛で悩む方が増えていると言われていますが、ストレスもまた女性の薄毛を増やしている原因の一つなのです。
近頃は女性も社会進出がすすんで、男性と同じ立場で仕事をする方も少なくありません。
外に出て働く時間が増えたこと、責任のあるポジションを任せられることによって受けるストレス増大しているのです。

男性と比べて女性に薄毛の症状が少ないと言われているのは、女性ホルモンの働きによるものです。
女性ホルモンには、髪の毛を作る細胞や頭皮がコラーゲンを生成するなど髪と頭皮を健康に保つのに大切な働きを担っています。
ストレスを強く受けることでホルモンの分泌をコントロールしている自律神経が大きなダメージを受けてしまうのです。
その結果女性ホルモンの分泌量が低下して、それが髪の毛の成長にも悪影響を与えてしまいます。
毛髪サイクルが乱れてしまって、髪の毛が生えてこなくなる、生えてきたとしても細く薄い毛が生えてくるので髪の県全体の量が減ってしまったように感じるのです。

さらに強いストレスを受けると、体が緊張してしまって血流が悪くなってしまいます。
酸素や栄養は血液によって運ばれてくるのですが、そのめぐりが悪くなることで酸素や栄養が届きにくくなってしまうのです。
血流が悪くなることで最も強く影響を受けるのは体の末端部分になります。
それは体の末端部分は毛細血管と呼ばれる極細の血管が通っており、血流が悪くなると血の巡りも悪化しやすいのです。
頭皮もまた毛細血管が張り巡らされていますので、血流が悪くなることで髪の毛の成長に必要な栄養素が十分に届かなくなり、健康な髪の毛が生えてきにくくなるのです。

ストレスは健康だけでなく美容にも悪影響を及ぼしますので、ためすぎず適度に発散することが望ましいのです。
美容と健康のためにも、薄毛の改善のためにも自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

教えて女性の薄毛新着情報