女性の髪と年齢の関係

教えて女性の薄毛

女性の髪と年齢の関係

男性も年齢を重ねるごとに髪の毛が薄くなっていくように、女性の髪の毛の量や髪質もまた年齢と関係しています。
年齢を重ねると私たちの体は老化していくからです。
女性の髪の毛のピークは20代であり、それを境に次第に髪の毛が細くなりまた全体的にその量も減少していきます。
そして35歳を過ぎたあたりから女性ホルモンの分泌量が低下してくるため、髪の毛の量が減ったと感じる方が増えてくるのです。
そして閉経を迎えたあたりから、髪の毛の量が一気に減少していきます。

女性ホルモンの減少に伴うことが原因として考えられています。
女性ホルモンには二種類ありますが、主にエストロゲンは髪の毛の生成を促してくれる働きがあります。
男性よりも女性に薄毛が少ないのは女性ホルモンの働きによるところが大きいのですが、閉経に伴って女性ホルモンが減少してしまうと髪の毛が細くなる、毛髪サイクルが乱れるなどして薄毛や抜け毛が起こりやすくなるのです。

また女性ホルモンは体のさまざまな部分にも影響しており、閉経を迎えることでコレステロール値が上昇する女性も少なくありません。
コレステロール値が上昇してしまうと、動脈硬化がすすんでしまって血行不良を起こすようになりそれが薄毛や抜け毛をさらに進行させてしまうのです。

しかも女性の薄毛の場合、症状が進行していることに気が付きにくいため対応が遅れることが多いのです。
男性の薄毛は特定の部位だけが薄くなってくるため、自分が薄毛になっていることに早くきがつくことができるのですが、女性の場合は髪の毛全体的に薄くなってくる瀰漫性脱毛症が多くみられるのです。
よって髪の毛の量がかなり減ってきてから、薄毛に気が付くケースが少なくありません。

年齢による薄毛は誰にでも起こり得ることなのですが、加齢スピードを努力次第で緩めることは可能です。
実際に同じ年齢の方を並べてみても、薄毛の進行度に違いが見られるのは老化スピードが遅いか早いかの違いになります。

教えて女性の薄毛新着情報