若い女性も薄毛に悩んでいる

教えて女性の薄毛

若い女性も薄毛に悩んでいる

女性もある程度の年齢になると、髪がだんだんとやせ細ってきたり、量が少なくなってきたりするのです。
その原因は女性ホルモンの減少です。
35歳くらいから女性ホルモンは減少を始めて40代後半に更年期を迎えるころにはかなり分泌量が低下してきます。
そしてその後閉経を迎えると、女性ホルモンはほとんど分泌されなくなるのです。
女性ホルモンには髪の毛の成長を助けてくれる働きがありますので、その分泌量が減ることで髪の毛の量や髪質にも変化が見られるようになります。

しかしながら近頃は若い女性でも薄毛に悩む方が増えてきているのです。
栄養不足もその原因の一つとして考えられます。
若い頃は自分の容姿を必要以上に気にする時期です。
体型もモデルやアイドルのような細い体型を好んで、無理なダイエットに走る若い女性が少なくありません。
無理なダイエットとは極端に食事を制限することによって、体重を落とすのです。
食べなければ一時的に体重は落ちるのですが、それは単純に水分とたんぱく質が減少したからであり肝心の脂肪は減少していないのです。
しかも栄養が十分取れないと体は飢餓状態となり、食べた栄養を貯めこもうとするため余計に脂肪がつきやすくなるのです。
そして栄養が不足してしまった体は心臓などの生命維持に必要な機能に集中して栄養を回すようになるため、その他の部分への栄養供給は後回しになってしまうのです。
髪の毛や肌は命と直接関係のない部分ですから、栄養供給が後になってしまい肌がかさついてしまったり、抜け毛や薄毛が起こりやすくなってしまったりするのです。

過剰なヘアケアも若い女性に薄毛が増えている原因になります。
昔はヘアカラーをしている人のほうが少数でしたが、今はヘアカラーをしていない女性のほうが少数です。
髪の色を頻繁に変えてオシャレを楽しんでいる女性も多いのですが、ヘアカラーのやりすぎは頭皮と髪の毛に多大なダメージを与えて薄毛と抜け毛を引き起こすのです。

教えて女性の薄毛新着情報